有酸素運動

健康2021年10月16日

有酸素運動とは、
「筋肉を動かす際のエネルギーに、酸素を使う運動」のことをいいます。
ジョギングや水泳、エアロビクス、サイクリングといった運動が代表的です。
有酸素運動は一定の時間を過ぎると脂肪をエネルギー源として消費します。これが、ダイエット目的の方や脂肪を減らしつつ筋肉をつけたい方に有酸素運動が推奨されている理由です。

しかし、筋肉をつけたい方は有酸素運動をやりすぎるとかえって逆効果になることがありますので、筋力トレーニングの日と有酸素運動の日を分けて行うことをオススメします。
有酸素運動を行う際に非常に重要なのが、どのような強度(心拍数)で行うか、です。
心拍数が高すぎると心肺機能向上の運動に、低すぎると体を温める運動になってしまいます。

ここで脂肪燃焼が目的の方の目標心拍数を計算する方法をご紹介します。
(最大心拍数(220)−年齢)×0.5〜0.7
例)30歳の方なら(220-30)×0.5~0.7なので、運動中の目標心拍数は95〜133になります。
これは会話をしながらジョギングをする、程度の運動強度です。

オアシスの有酸素マシンは心拍数を測定できる機能がついているものがほとんどなので、心拍数をチェックしながら運動をしてみましょう。

 【都筑区・センター北・センター南で、ジム・温泉・プール・加圧トレーニングをお探しの方は東急スポーツオアシス港北店へ!】


(新井)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。