腓腹筋の話

フィットネス・エクササイズ2021年1月22日

身体の半分が「優しさ」と「プロテイン」で出来ている徳永です。

スリムな脚を手に入れるにはお尻や腿などの大きくて体幹と四肢を繋いでいる部位を鍛えることが大切です。(特に目立つ部分になるので)しかし、脚を細くするのに忘れてはならないのが「ふくらはぎ」の存在です。ふくらはぎは「第2の心臓」とも呼ばれ、足先まで通っている血液を重力に逆らって心臓まで戻す役割があります。この機能は筋肉によって行われているので、筋肉が衰えるとむくみや代謝の低下に繋がってしまいます。

そして、ふくらはぎには「腓腹筋」と「ヒラメ筋」という2つの筋肉があります。

今回オススメするトレーニングは「腓腹筋」のトレーニングです。この筋肉はふくらはぎの上側に付いている筋肉で、ふくらはぎを上に持ち上げながら引き締める役割があります。しかし、筋肉を付けると太くなるのではないかと心配な方も多いと思います。実際、ヒールを履いていたら筋肉が付いて脚が太くなってしまった、という方が多いのではないでしょうか?この原因はヒラメ筋にあります。ヒラメ筋はふくらはぎの真ん中に付いているため、発達すると太く見えてしまいます。これを防ぐためにも、ヒールでの歩行時はなるべく膝を伸ばすように歩くとヒラメ筋への刺激が抑えられるので少し意識してみましょう。

では、今回のトレーニングは『カーフレイズ』です。
1:壁などに手をついて膝を伸ばした状態で立ちます。(ステップ台を使うと効果がアップします。その場合は土踏まずよりかかと側は台の外に出るように立ちましょう。)
2:膝は伸ばしたままつま先立ちでの上下運動を行います。出来るだけ動きを大きくさせるのがポイントです。
ステップ台を使わない場合はかかとが地面スレスレの所で止めましょう。
3:ふくらはぎは大きい負荷にも耐えられ、日常でもよく使う筋肉なので回数は多めに設定します。1セット20〜30回を4〜6セット、休憩は短め(30秒以内)で行っていきましょう。

ふくらはぎは身体を支える上でも重要な筋肉です。下のバランスが崩れると膝・腰と徐々にひずみが生じて、痛みや歪みとして現れます。足元から身体を変えていきましょう!


(徳永)
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。