スプリット・スクワット強度UP編

フィットネス・エクササイズ2020年10月28日

たんぱく質絶賛摂取中の徳永です。今回は私が実際にやっているトレーニングを紹介していますので、ぜひご自身のトレーニングメニューに組み込んでみてください。

「シングルレッグ・スクワット」のレベルアップバージョンを2パターンご紹介します。
まず必要になるのがステップ台です。ステップ台に乗り、片足立ちをした姿勢がスタートポジションになります。そこかスクワットをしていきますが、浮かしている方の足は地面に”ソフトタッチ”するようにしましょう。地面を蹴ってしまうとせっかくの負荷も意味がなくなってしますので気を付けてください。

○レベル1では、ステップ台に加え、ダンベルを1セット準備します。
ダンベルを両手に持ってスクワットを行うことで、単純に体重以上の負荷を掛けることが出来ます。

写真:
画像(1)

○レベル2では、バーベルを使用します。
バーベルを肩に担ぎスクワットを行います。重りの位置が頭の方向に近くなるため、ダンベルの時よりも体幹への負荷が強くなります。

写真:
画像(2)

ボディメイクでは体幹の筋力アップは不可欠ですのでぜひ、チャレンジしてみてください。

脚のトレーニングを行えば、今までと違った世界を見ることが出来ます。脚のトレーニングは身体を変える近道なのです。


(徳永)
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。