体を変える三大要素

フィットネス・エクササイズ2021年1月25日

最近、体重が停滞期に入ってきた徳永です。あ、増やす方ですよ?

今日は体を変える三大要素の説明をしたいと思います。

ずばり三大要素とは、運動・食事・休息です。この3つを改善していくことで体は変わっていきます。

では、どういう風に変えていけばいいのか、筋肉の話を交えながら説明していきます。
ここでは『運動』=トレーニングと置き換えて考えます。トレーニングをするということは早い話、筋肉を傷つけているということですので、トレーニングだけでは体は変わりません。

では、トレーニングのあとはしたらいいのか。それは筋肉に栄養を送ることです。栄養は『食事』を摂ることで補われることはみなさんも良くご存知です。ここで補ってもらいたい栄養素がたんぱく質です。以前のブログでもたんぱく質の重要性は説明しましたが、筋肉の元になる栄養素であるため、意識して摂るようにしましょう。傷ついた筋肉にこのたんぱく質が入り込むことで筋肉を作り直す準備がようやく整いました。(たんぱく質以外にもビタミンBや亜鉛なども筋肉の修復には必要です。)

そして、筋肉を作り直す材料が揃った所で今度は『休息』の出番です。体は寝ているに作り変えられているので、良質な睡眠は体を変えるのに必要なのです。体を作り変えるための成長ホルモンは22時〜2時の間に多く分泌されるため、その時間帯に就寝するようにしましょう。そしてトレーニング後の48時間〜72時間を「超回復」期間と言い、普段よりも体を作り変えてくれるので、この期間はトレーニングした部分をしっかりと休めましょう。(トレーニングしていない部分はトレーニングOK)

いかがでしょうか。体を作り変えるにはこのことを変えていくだけでも変わる余地があります。しかし、これは体を変える基礎知識に過ぎません。さらに理想の身体に近づけたいなら、これ以上努力をするかしないかはあなた次第です。


(徳永)
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。