ストレッチ通信3〜もも裏他〜

フィットネス・エクササイズ2020年10月24日

パーソナルトレーナーの長島です。最近は夕立が昼間に降りますね。突然の雨に走り出せるよう、本日は 「もも裏・ふくらはぎのストレッチ」 をご紹介します。

○効果・説明
ハムストリングス 腓腹筋 など足背面の筋肉を伸ばします。
上記の筋肉が硬いと骨盤が後ろに傾き腰痛や猫背の原因になる為、ストレッチで予防・改善をしましょう。

写真:膝の裏を遠ざけるように、10〜60秒キープ
画像(1)膝の裏を遠ざけるように、10〜60秒キープ

写真:かかとを遠くに押し出すように、10〜60秒キープ
画像(2)かかとを遠くに押し出すように、10〜60秒キープ

○ポイント
・もも裏:骨盤の後ろを上げ膝の裏を遠ざけるように伸ばします。
・ふくらはぎ:かかとを遠くに押し出すように伸ばします。

どちらも10〜60秒ほど伸ばしましょう。背中・腰は丸めずに真っ直ぐな姿勢で行うと効果が上がります。ストレッチは継続するほど身体が楽になります。是非、習慣の一つに取り入れてください!


(長島)

画像(1):膝の裏を遠ざけるように、10〜60秒キープ
画像(2):かかとを遠くに押し出すように、10〜60秒キープ
※画像撮影者/菅
写真:膝の裏を遠ざけるように、10〜60秒キープ 写真:かかとを遠くに押し出すように、10〜60秒キープ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。