ストレッチ通信4〜もも前他〜

フィットネス・エクササイズ2020年10月24日

パーソナルトレーナーの長島です。

久しぶりに台風が関東に上陸予報です。台風が接近すると、気圧の変化で膝や腰に痛みが出る場合もあります。そこで本日は、反り腰や膝痛の予防につながる 「もも前・骨盤前面のストレッチ」 をご紹介します。

○効果・説明
大腿直筋 腸腰筋 など足前面の筋肉を伸ばします。
上記の筋肉が硬いと骨盤が前に傾き、反り腰・膝痛や足の太くなる原因になります。ストレッチをして予防・改善しましょう。

写真:両足のつま先と膝を前に向けて足を前後に開きます。10〜60秒キープ
画像(1)両足のつま先と膝を前に向けて足を前後に開きます。10〜60秒キープ

写真:足首を持ちお尻に近づけます。10〜60秒キープ
画像(2)足首を持ちお尻に近づけます。10〜60秒キープ

○ポイント
・骨盤前面:両足のつま先と膝を前に向けて足を前後に開きます。
・もも前:足首を持ちお尻に近づけます。骨盤の後ろを下げて少し猫背気味で行いましょう。

身体を捻らないようにしましょう。どちらも腰が反りやすいので反らないように意識をし、10〜60秒ほど伸ばしましょう。ストレッチは無理なく続けて、膝や腰の不快感を緩和しましょう。


(長島)

画像(1):両足のつま先と膝を前に向けて足を前後に開きます。10〜60秒キープ
画像(2):足首を持ちお尻に近づけます。10〜60秒キープ
※画像撮影者/菅
写真:両足のつま先と膝を前に向けて足を前後に開きます。10〜60秒キープ 写真:足首を持ちお尻に近づけます。10〜60秒キープ

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。