ストレッチ通信6〜背中・肩〜

フィットネス・エクササイズ2020年10月25日

パーソナルトレーナーの長島です。

9月に入りました。連日最高気温30度近くと、まだまだ残暑が厳しい今日この頃。しっかり食べて、代謝が落ちないよう運動して、元気に残暑を乗り切りましょう。

本日は、肩コリ・反り腰予防、また代謝をキープするためのストレッチをご紹介します。

○効果・説明 
広背筋 三角筋 など背中と肩の筋肉を伸ばします。
上記の筋肉が硬いと肩コリ・反り腰や代謝が落ちる原因になります。ストレッチをして予防・改善しましょう。

写真:伸びているところを感じて
画像(1)伸びているところを感じて

写真:10〜60秒ほどキープしましょう
画像(2)10〜60秒ほどキープしましょう

○ポイント
・背中を伸ばすときは首から腰までしっかり丸めます。左右に傾けて伸びる部位を探してみましょう。
・肩を伸ばすときは肩の後ろから肘にかけての筋肉が伸びるように意識をしましょう。
・どちらも10〜60秒ほど伸ばしましょう。

肩コリが軽いだけでも毎日がぐんと楽になります。ストレッチを上手に取り入れてみてください。


(長島)

画像(1):伸びているところを感じて
画像(2):10〜60秒ほどキープしましょう
※画像撮影者/菅
写真:伸びているところを感じて 写真:10〜60秒ほどキープしましょう

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。