首の疲れ改善エクササイズ

フィットネス・エクササイズ2019年9月18日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。皆さん、首が疲れやすい、もしくは首が凝りやすくなっていませんか?日常生活で偏った動きを続けていると身体というのは歪みやすいです。そして、その歪みから動きづらさに繋がり痛みへと変わります。

たとえば、仕事でいつも同じ方向を向いて作業する方や、スポーツでいつも同じ方向を向くことが多かったり、あるいは寝るときいつも横向きで寝ていて向く方向が同じであったりすると歪みやすいです。左右向きづらくなっているほうはありませんか?今日はそれを改善するエクササイズを紹介します!

こちらがそのエクササイズです。

写真:後頭骨という頭の後ろの骨がハーフポールに当たるようにすることです
画像(1)後頭骨という頭の後ろの骨がハーフポールに当たるようにすることです

仰向けに寝てハーフポールを枕にします。
写真:ハーフポールに当てている後頭骨を軸にして左右交互に向きます
画像(2)ハーフポールに当てている後頭骨を軸にして左右交互に向きます

写真:この時のポイントは目も一緒に同じ方向に動かすことです
画像(3)この時のポイントは目も一緒に同じ方向に動かすことです

この時のポイントは目も一緒に同じ方向に動かすことです。実は首を左右に動かす筋肉と目というのは繋がっています。ですので、このエクササイズをやると視界がスッキリする、目が良くなるという人もいますよ!これを左右それぞれ5回から10回行なうと効果を感じやすいです。エクササイズが終わったらぜひ左右の向きやすさをチェックしてみてください!


(小室)

画像(1):後頭骨という頭の後ろの骨がハーフポールに当たるようにすることです
画像(2):ハーフポールに当てている後頭骨を軸にして左右交互に向きます
画像(3):この時のポイントは目も一緒に同じ方向に動かすことです
※画像撮影者/斉藤
写真:後頭骨という頭の後ろの骨がハーフポールに当たるようにすることです 写真:ハーフポールに当てている後頭骨を軸にして左右交互に向きます 写真:この時のポイントは目も一緒に同じ方向に動かすことです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。