胸を反らして腕を上げやすくする

フィットネス・エクササイズ2020年10月21日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。皆さん、胸を反らすことは出来ますか?フィギアスケートのように反らせる必要はないですが、背中が丸まりながら固まっていると、ふとした時に腰や首や肩を痛めてしまいます。背中が丸まっていると腕が上げづらいので、例えば電車でつり革を掴むときや台所の上の物を取り出す時に腰・首・肩の負担が増えてしまいます。なので、今回はそれを改善するための胸のエクササイズです。

写真:ストレッチポールを背中の真ん中あたりに入れて仰向けに寝ます。
画像(1)ストレッチポールを背中の真ん中あたりに入れて仰向けに寝ます。

両腕で頭の後ろを抱えて、膝は立てます
写真:ストレッチポールを軸にしながら胸を反らしていきます。
画像(2)ストレッチポールを軸にしながら胸を反らしていきます。

この時、腰で反らないように注意してください。
写真:胸を反らしたら少し丸めていきます。
画像(3)胸を反らしたら少し丸めていきます。

これは腹筋のトレーニングではないので丸めすぎなくて結構です。
胸といっても範囲が広いので三か所くらいに分けて少しずつ位置を変えてやるとより効果的です!ぜひ試してみて腕の上がりやすさを実感してみて下さい!!


(小室)

画像(1):ストレッチポールを背中の真ん中あたりに入れて仰向けに寝ます。
画像(2):ストレッチポールを軸にしながら胸を反らしていきます。
画像(3):胸を反らしたら少し丸めていきます。
※画像撮影者/三浦
写真:ストレッチポールを背中の真ん中あたりに入れて仰向けに寝ます。 写真:ストレッチポールを軸にしながら胸を反らしていきます。 写真:胸を反らしたら少し丸めていきます。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。