リセットポールシリーズ1

フィットネス・エクササイズ2020年10月28日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今回からシリーズ形式でリセットポールの効果的な使い方を一緒に学んでいきましょう!シリーズ1はもも前の筋膜リリースです。そもそも筋膜リリースってなに?という方のために簡単に触れておきますと、人間は筋膜という「くもの巣」のような膜に全身覆われています。この膜というのは、運動をしなくて筋肉を使わなかったり、あるいは過剰に使いすぎていたり、また怪我などをしたままその部位を治っても動かさなかったりすると、そのところの動きが悪くなってしまいます。なので、筋膜リリースをすることで動きやすくなります。では、もも前のリリースを紹介します。

写真:うつ伏せになって肘を床に着き、リセットポールの上に両ももの前側を乗せます。
画像(1)うつ伏せになって肘を床に着き、リセットポールの上に両ももの前側を乗せます。

写真:つま先を床から離して、リセットポールをももの前側でコロコロとゆっくり転がします。
画像(2)つま先を床から離して、リセットポールをももの前側でコロコロとゆっくり転がします。

もも前なので脚の付け根から膝の手前までの広い範囲でコロコロするようにしてみてください!痛気持ちいいところがあったらそこを重点的に転がしましょう!これもストレッチと同じで痛いのを我慢して行なうものではないので、痛くてきつい方はコロコロ転がさないで大丈夫です。ただし、呼吸を忘れずに行なうように心がけましょう。


(小室)

画像(1):うつ伏せになって肘を床に着き、リセットポールの上に両ももの前側を乗せます。
画像(2):つま先を床から離して、リセットポールをももの前側でコロコロとゆっくり転がします。
※画像撮影者/関田
写真:うつ伏せになって肘を床に着き、リセットポールの上に両ももの前側を乗せます。 写真:つま先を床から離して、リセットポールをももの前側でコロコロとゆっくり転がします。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。