リセットポールでお腹周りを強化

フィットネス・エクササイズ2020年9月24日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今回はリセットポールを使ってお腹周りの強化をしていきます。これは、腰痛が気になる方やゴルフや水泳などのスポーツをやっていて体幹の軸がぶれないようにしたい方にオススメです。早速やり方をみていきましょう!

写真:まずリセットポールに仰向けになります。
画像(1)まずリセットポールに仰向けになります。

このとき足は力まずに安定しやすい位置に置くようにします。
写真:次に両腕を天井に伸ばします。
画像(2)次に両腕を天井に伸ばします。

この時点で安定するのが難しい方はこれだけでも十分お腹周りに効果的なトレーニングです。
写真:さらにここから片足を膝と股関節90度で上げていきます。
画像(3)さらにここから片足を膝と股関節90度で上げていきます。

上げたら降ろして反対側も同様に行います。
ポイントは身体に一本の串が刺さったような状態をイメージして動かさずに足を動かすことです。さらにお腹を薄くへこまして行うことでお腹の内側の腹横筋が鍛えられますし、リセットポールから落ちないように姿勢を保持することにより背中のインナーマッスルである多裂筋も鍛えることができます。どちらの筋肉も腰痛予防に効果的です。ぜひ一度試してみてください!


(小室)

画像(1):まずリセットポールに仰向けになります。
画像(2):次に両腕を天井に伸ばします。
画像(3):さらにここから片足を膝と股関節90度で上げていきます。
※画像撮影者/青木
写真:まずリセットポールに仰向けになります。 写真:次に両腕を天井に伸ばします。 写真:さらにここから片足を膝と股関節90度で上げていきます。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。