スクワットの膝はどこまで出す?

フィットネス・エクササイズ2020年8月14日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今回はスクワットをやるときに膝はどの位置が正しいかについて触れたいと思います。まず初めに皆さんの多くが勘違いしていることとして、スクワットは膝がつま先よりも出てはいけない、あるいは膝がつま先よりも出てしまうと怪我をするなどです。これはそうである場合もありますが、一概にそうとは限りません。なぜかと言いますと、人間はそれぞれ骨格が違いますので脚の骨が長くてしゃがむと必然的に膝がつま先よりも前へ出てしまう方もいます。そのようなことも考えると一概に膝はつま先よりも出てはいけないと決めつけるものではないということが言えます。では、何を基準にしゃがむかと言いますと足の裏全体で地面を踏むことです。細かい内容は省略しますが、足裏全体で踏むことによって人間というのは一番安定しますし何より一番地面を押すことができます。地面を押すことができるということは、作用反作用によって地面反力というエネルギーをもらえるということです!作用反作用の法則、急に難しく聞こえてしまった方もいるかもしれませんね。物理で一度は聞いたことがある言葉かと思います!この考えを踏まえた上で、膝をつま先よりも出ないようにと思い込んでやってしまうと、かかと重心になりすぎて上手く力が使えないことにもなりやすいのです。そうしますと普段の日常動作からかかと体重になりやすかったりと悪い姿勢の原因にもなったりします。地面を足裏全体でとらえる!!皆さんもぜひやってみてください!

写真:足裏全体で地面を捉えているスクワット
画像(1)足裏全体で地面を捉えているスクワット

写真:膝がつま先よりも前へ出ないようにしたかかと荷重のスクワット
画像(2)膝がつま先よりも前へ出ないようにしたかかと荷重のスクワット


(小室)

画像(1):足裏全体で地面を捉えているスクワット
画像(2):膝がつま先よりも前へ出ないようにしたかかと荷重のスクワット
※画像撮影者/前田
写真:足裏全体で地面を捉えているスクワット 写真:膝がつま先よりも前へ出ないようにしたかかと荷重のスクワット

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。