ストレッチの重要性

店舗日誌2020年10月22日

最近、肩に激痛を覚え急いで病院に行くことがありました。
病院につき診察を受けるとどうやら首の神経が痛んでしまっていたようです。
お医者さん曰く悪い姿勢で長時間いたり、パソコンのしすぎとのことでした。
どうやら肩こりの悪い状態に似ているらしく、ストレッチを勧められました。

ということで自分の体を持ってストレッチの重要性を知った木村が今回はストレッチの重要性について書いていこうと思います。

まずストレッチとは何でしょうか?
関節の可動域を大きくし、体の柔軟性を向上させる効果があります
全身の血流、リンパの流れを良くし疲労回復に効果があります
筋肉や精神の緊張をほぐしリラックス効果があります
このようにストレッチにはいいことづくしです。
逆にいうとストレッチをしないで行う運動はケガの原因にもなります

ということで、ここでストレッチをいくつかご紹介していこうとおもいます。
まず今回は体の大切な部分であり、なにより今自分の体をもって重要性を学んだ首です。
一つ目は椅子に座った状態から始めていきます。これはパソコンをしている最中に生き抜きに行うといいかもしれません。
(写真1)
このように片手で椅子の端を押さえ、おさえた方とは逆の方向に首を曲げていきます。
ポイントとしては少し首の傾けた方向に体も傾けるということです

次に首の前後ですがこれは手で首を押さえて行っていきます。
(写真2)(写真3)
まず首の前側ですが両手の親指であごの下を押さえ、そのままあごを上に押し上げます。
首の後ろ側は両手を頭の後ろ側に組み、前に向かいゆっくりと引いて行っていきます。
ポイントとしましては力を入れすぎず背筋がそらないようにする事です

このように三種類ご紹介しましたが、何より大事なのは無理せず、ゆっくりと、痛みの無い範囲で行っていくということです。ストレッチで体を痛めてしまっては意味がありません・・・。
運動の秋、ストレッチをしっかりしてケガなく運動を楽しんでいきましょう!!
(木村)

画像(1)首の側面のストレッチ
画像(2)喉の部分が伸びるように
画像(3)後ろ側も伸ばしていきます
※画像撮影者/松島


()
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。