日本食のすばらしさ

食事・栄養・レシピ2021年7月25日

先日私は、夏を先取りいたしまして、グアムに行って来ました。多くのマリンスポーツをし、アメリカならではの食事もして来ました。欧米食と言えば、想像をするのは、お肉の量の多さなどでしょうか?皆さんのご想像通りに、野菜より肉!と言う感じで、その量は日本で出てくる倍以上の量でした。

皆さんが日頃口にしている日本食は、肉料理・油料理・加工食品が非常に少ないです。そして、脂肪分より炭水化物の比率が高いので、身体によく、病気になりにくいと言われております。それに比べ欧米食は脂肪の比率が高く、肉に含まれる動物性の脂肪分が多いので、血液中のコレステロール値が高くなり、動脈硬化などになりやすいと言われております。ただ、脂肪は脂肪でも魚からの脂肪は逆に病気を軽減できると言われております。また、塩分が多いものも高血圧や、その他の病気に繋がります。

私はグアムで4日間過ごしましたが、すぐに日本食が恋しくなりました。日本でも、食事が欧米化している中で、出来るだけ栄養が偏らないようにバランスの良い食事を心がけていきましょう。


(森)

画像(1):こんなに大きいんです!異国に来たときくらいは良いですか?!
※画像撮影者/森
写真:こんなに大きいんです!異国に来たときくらいは良いですか?!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。