目標心拍数を狙って有酸素運動!

ランニング・ジョギング2020年10月27日

こんにちは!フィットネススタッフの小室です。今回は一番脂肪が燃えやすい有酸素運動のペースについて書きたいと思います。皆さんは普段どのくらいのペースでジョギングやウォーキングをされていますか?おそらく多くの人があまりペースは気にされていないかと思います。今回はそのペースの目安となるお話です。ペースはどのように管理するのが一番良いかというと、カルボーネン法という計算式で目標心拍数を出すことです。少し難しそうですね。ですが、安心してください。簡単です。それに心拍数であれば、有酸素マシンの銀色の部分を握れば測れますね。では計算式の説明です。目標心拍数={{(220-年齢)−安静時心拍数}×0.5~0.65}+安静時心拍数となります。複雑な式に見えますか?安静時心拍数さえわかれば簡単です!安静時心拍数は、ご自身の脈を触って測ることが出来ます。安静時心拍数というのは、1分間あたりの心拍数なので10秒間で測って×6をしましょう。では、この式で求めた目標心拍数以上で有酸素運動をするとどうなるのでしょうか?脂肪燃焼ももちろんします。ですが、どちらかというと持久力のトレーニングになってしまいます。また、グリコーゲンと言われるいわゆる糖質からのエネルギーを使うことが優先されます。つまり、もともと身体についてしまった脂肪を燃焼したいのか、その日食べた糖質からのエネルギーを消費するのかで理想のペースがわずかに変わるということになります。深い内容になりましたが、まずは有酸素を始める、そして続けることが一番です。さあ頑張っていきましょう!!(ちなみに僕は長距離走よりも短距離ダッシュが好きです。)

写真:ジョギングをする小室
画像(1)ジョギングをする小室


(小室)

画像(1):ジョギングをする小室
※画像撮影者/斉藤
写真:ジョギングをする小室

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。