寒い時は短時間の運動を!

フィットネス・エクササイズ2012年1月28日

大寒が過ぎました。体を動かすことをためらいたくなるような寒さが続いています。こんな時には暖かい室内でトレーニングをするのがよいですね。また外で運動をする場合には、短時間ですむようなものがいいと思います。例えばなわとびなんていかがでしょうか?

誰でも子どもの頃、一度はやったことがあると思います。なわとびは優秀な有酸素運動といわれています。他にジャンプして自分の体重を支えるための下半身の強化や、手首の強化、リズム感の向上に役に立ちます。10分から長くても20分もすれば体ぽかぽか、心地よい疲労感が現れます。なれてきたら二重飛びや後ろ飛びなどにも挑戦。飛び方も色々あって楽しいと思います。

短時間で効果的なトレーニングができるなわとびですが、その分体への負担が大きいので注意が必要です。運動前のストレッチ(特に手首・足首・膝など)を入念に行います。地面は芝生や砂地など、なるべく固くない所を選びましょう。長さの調節は、縄の中央を足で踏んで、引っ張った時に持ち手が肩や脇の辺りにくるようにするといいと思います。

最後に、なるべくなら長袖長ズボンで行いましょう。特に冬ですが、引っかかったときに肌に当たるとすごく痛いです(汗)


(高田)

画像(1):少し短めの縄にして、二重飛びを飛びやすくしました。
画像(2):二重飛び!
※画像撮影者/高田
写真:少し短めの縄にして、二重飛びを飛びやすくしました。 写真:二重飛び!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。