骨盤低筋群をご存知ですか?

フィットネス・エクササイズ2021年7月27日

骨盤低筋群とはご存じでしょうか?お腹の表面が主に腹筋群でみぞおち辺りが横隔膜、底にあるのが骨盤低筋群です。主に会陰部周りと肛門周りの筋肉群で、恥骨、坐骨、尾骨、仙骨辺りをを結んでいます。

踊っている時によく「お尻を閉めて」とか「尾てい骨閉まって」とか言われたことはありませんか?ここが緩んでくると腹筋に力を入れてもグラグラしてしまいます。しかも、呼吸をするたびに横隔膜が下がってきてしまい、踊っている時は腹筋もしめていかなくてはならないので骨盤低筋群が弱いとお尻の力が抜けてしまいます。腹横筋と低筋群がうまく使えると踊りも安定し、体も引き上げやすくなってきます。

特に女性の場合は出産の時にどうしても緩んでしまいますので、そのままにしているとトイレが我慢出来なくなったり、下っ腹が出てきたり、尿漏れの原因にもなります。普段から歩くときに気を付けることで少しずつ鍛えていけます。

まずはかかとをつけて爪先は少し外側に開いて立ちます。

写真:かかとをつけて爪先は少し外側に開いて立ちます
画像(1)かかとをつけて爪先は少し外側に開いて立ちます
もちろんお腹が出っ張らないように腹筋には力をいれたままで!!そのままかかとを高く上げたら床につく手前までかかとを下ろしてきます。
写真:かかとを高く上げたら床につく手前までかかとを下ろしてきます
画像(2)かかとを高く上げたら床につく手前までかかとを下ろしてきます
その姿勢を保ったままかかとを床に着け、内ももを意識しながら歩きしっかりと親指から蹴り上げ歩きます。

歩くことは毎日の事なので少しの意識で下っ腹のぽっこりお腹が改善されるかもしれません。


(田中英)

画像(1):かかとをつけて爪先は少し外側に開いて立ちます
画像(2):かかとを高く上げたら床につく手前までかかとを下ろしてきます
※画像撮影者/森
写真:かかとをつけて爪先は少し外側に開いて立ちます 写真:かかとを高く上げたら床につく手前までかかとを下ろしてきます

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。