怪我をしないために

フィットネス・エクササイズ2021年7月27日

突然ですが、一般負傷により搬送された高齢者の一番多い事故発生場所はどこだと思いますか?
正解は住居で56.7%と半数を占め、その中でも居室の家具類・布団・電気コードなどににつまずいて事故が起きています。(平成21年中 火災と日常生活事故のデータから見る高齢者の実態より)その理由として考えられるのは、膝や腰周り等の筋肉・靱帯が固くなり、身体が動きにくくなります。そのため、体を動かさなくなり足腰の筋力が低下するという悪循環が起きていると考えられます。また、股関節は20代から硬くなるそうなので、年齢に関係なく対策が必要になります。

硬くなった股関節周りの筋肉・靱帯を使いやすくする方法が腰割です。腰割とは相撲の基本動作で、筋肉・靱帯を使いやすくするだけではなく、リンパ液の活性化・骨盤矯正・冷え性改善・むくみ改善・消化不良改善・便秘改善などの効果が期待できる優れたトレーニング方法です。

1.足を肩幅よりやや広く開いて立ち、つま先を外側に45°(慣れてきたら90°)開く
2.背筋を伸ばしたまま、膝が直角になるようにゆっくり体を落としていく(股関節や腰に不安がある時は浅めに体を落とす)

写真:筋肉・靱帯を使いやすくするだけではなく、リンパ液の活性化・骨盤矯正・冷え性改善・むくみ改善・消化不良改善・便秘改善などの効果が期待できる優れたトレーニング方法です
画像(1)筋肉・靱帯を使いやすくするだけではなく、リンパ液の活性化・骨盤矯正・冷え性改善・むくみ改善・消化不良改善・便秘改善などの効果が期待できる優れたトレーニング方法です

とシンプルです。是非1日10回でいいので試しに行ってみませんか?


(大川)

画像(1):筋肉・靱帯を使いやすくするだけではなく、リンパ液の活性化・骨盤矯正・冷え性改善・むくみ改善・消化不良改善・便秘改善などの効果が期待できる優れたトレーニング方法です
※画像撮影者/大川
写真:筋肉・靱帯を使いやすくするだけではなく、リンパ液の活性化・骨盤矯正・冷え性改善・むくみ改善・消化不良改善・便秘改善などの効果が期待できる優れたトレーニング方法です

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。