パフォーマンス向上のためのSAQ

フィットネス・エクササイズ2014年1月17日

こんにちは。今回はSAQトレーニングについてお話ししたいと思います。
SAQとはS(Speed)速度、A(Agility)敏捷性、Q(Quickness)素早さの略になります。
これらの要素が備わることにより、様々なスポーツのパフォーマンスアップに繋がっていきます。

まずは速度。単純に下半身の筋力トレーニングをすれば速度は上がっていきます。さらに横や斜めなどの複雑な方向への動きのトレーニングをすれば自身の重心を確認しやすくなり、より身体をコントロールしやすくなります。縦に走るだけでなく横や斜めにも走ってみましょう!

つぎは敏捷性。バランスの調整能力や姿勢です。サッカー、バスケットボール、格闘技など当たりが強く、接触の多いスポーツにおいて身体の重心を作っていくことは非常に大切です。重心を保つことにより、強い接触に耐えたり、ダメージを軽減したりすることができ、そこから次の動作に移行しやすくなります。片足でスクワットをしたり、不安定な条件(バランスディスク)でスクワットしたりしてみましょう!

写真:バランスディスクでのスクワット
画像(1)バランスディスクでのスクワット

そして素早さ。静止した状態からより有利な状況にする為、素早い判断と行動が必要になります。速度、重心が保たれ尚かつ脳を活性させることにより素早い動きが可能になります。ラダーなどで複雑な動きを取り入れることにより、素早さを養い、脳トレにもなりますので挑戦してみましょう!

競技スポーツをしている方はもちろん、普段のトレーニングがちょっと飽きてきた方にもオススメです。なかなか楽しいですよ!


(菅原)

画像(1):バランスディスクでのスクワット
※画像撮影者/芝
写真:バランスディスクでのスクワット

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。