バランスの良い・・・

フィットネス・エクササイズ2014年9月15日

スポーツのシーンでもよく耳にする「コアトレ」など、最近はバランスを鍛えるトレーニングも注目されていますね。本駒込店のコンディショニングエリアでは多くのお客様が多様なトレーニングをされているのを目にします。皆さんは、まだマシンでのトレーニング中心ですか?

そんな、トレーニングでも意識されるバランスですが、「左右のバランス」や「拮抗筋のバランス」などといったトレーニングのシーンで用いられることよりも、「栄養のバランス」「運動と休養のバランス」「心のバランス」の方がイメージしやすく会話でも用いられるのかもしれません。

私自身はこの「バランス」への意識がとても下手で、トレーニングも食生活もアンバランスになりがちだったりします。ただ、トレーニングについては このバランスを意識しています。

大昔「STEP REEBOK」というプログラムを開発された ジンミラーさんのセミナーに参加したとき、バランスエクササイズのトレーニングに苦戦するエアロビクスのインストラクターたちに「あなたは あなたが苦手だと感じるものものにこそ取り組むことが必要」と仰ったことを思い出します。

私自身「フィットネスで一番大切なことは?」という問いには「継続することです」と答えています。どんなに優れたトレーニング法も、積み重ねた知識や身に着けたスキルも、それを活かしてゆくことで価値を何倍にもします。ですが、つい「自分が好きなことだけ」になってバランスを崩していませんか?

フィットネスには、いろいろなツールや いろいろなレッスンがあります。そして本駒込店ではいろいろなイベントを通じて皆さんのバランスに刺激を提供しています。(今回使用した画像はすべて 三宅島NatureTourでのものです)

写真:スラックラインのようなバランストレーニングは、「バランス」から連想しやすいかもしれませんね。
画像(1)スラックラインのようなバランストレーニングは、「バランス」から連想しやすいかもしれませんね。
写真:ボルダリングは腕の力で登るわけでなく、柔軟性やバランス さらには考えることなども、筋力や筋持久力と同じく重要な要素です。
画像(2)ボルダリングは腕の力で登るわけでなく、柔軟性やバランス さらには考えることなども、筋力や筋持久力と同じく重要な要素です。
写真:ヨガはポーズをとることでのバランスや筋力と柔軟性のバランスも鍛えられますが、心と身体の調和といった意味でのバランスも良くなりそうです。
画像(3)ヨガはポーズをとることでのバランスや筋力と柔軟性のバランスも鍛えられますが、心と身体の調和といった意味でのバランスも良くなりそうです。

是非いろいろなものを体験してみてください。新しい発見を手に入れられるかもしれませんよ!


(大谷)

画像(1):スラックラインのようなバランストレーニングは、「バランス」から連想しやすいかもしれませんね。
画像(2):ボルダリングは腕の力で登るわけでなく、柔軟性やバランス さらには考えることなども、筋力や筋持久力と同じく重要な要素です。
画像(3):ヨガはポーズをとることでのバランスや筋力と柔軟性のバランスも鍛えられますが、心と身体の調和といった意味でのバランスも良くなりそうです。
※画像撮影者/大谷
写真:スラックラインのようなバランストレーニングは、「バランス」から連想しやすいかもしれませんね。 写真:ボルダリングは腕の力で登るわけでなく、柔軟性やバランス さらには考えることなども、筋力や筋持久力と同じく重要な要素です。 写真:ヨガはポーズをとることでのバランスや筋力と柔軟性のバランスも鍛えられますが、心と身体の調和といった意味でのバランスも良くなりそうです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。