ロードto東京マラソン2009〜エピローグ〜

店舗日誌2009年3月24日

まずはご報告します。
私、藤崎淳子、皆様の応援のおかげで東京マラソン2009無事完走することが出来ました。
本当にありがとうございました。42.195Kmはあたりまえですが長いですね・・・・・

景色を楽しみながら走ろう!と思っていましたがやはり途中で苦しくなり楽しめなくなってしまいました。このレースにはひょっとして終わりがないのでは!?と思ったほどです。
最初は1Km、2Kmなぁんてあっという間!と思っていたらだんだん1Kmという距離ですら長い!と感じるようになり「ここまでがんばったからいいかな・・・」心が半分折れかけることもありました。そんな時あきらめかけていた心を復活させてくれたのがチームFのみんな!そしてこれまで沢山お声がけ頂きました皆様でした。実際に応援に来ていただきました会員の皆様が沿道のどこかにいるんだ!!皆に会える!という気持ちが私の足を動かしてくれました。

この東京マラソンのボランティアの方や沿道の皆様が暖かくハイタッチや応援が底知れない勇気をくれます。その声が、その手が私ですら知らなかった私の中の未知のパワーを発揮させてくれるんです。『たった今この場で出会った人が・・・』『35000人のうちの一人の私に・・・』
声を枯らしてまで声援を送ってくれる!まさに東京が一つになった瞬間だと思います!

今回のマラソン挑戦でたくさんの優しさにふれることが出来、私の中でも『自信』というものがつきました。筋肉痛はつらいけれどきっと今後何をするにも大きな糧になると思います。
皆さんの力があってこその成功でありまたいつかチャレンジしてみたいと思いました。
(支えあって人という字は出来てるんだ/藤崎)


(藤崎)

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。