祖父母の金婚式

店舗日誌2009年11月21日

先日、祖父母が結婚50年を迎え親戚一同が集まり金婚式を行いました。
親戚家族が全員集まることは今ではほとんどありませんが、この日ばかりは全部で25人の親戚が祖父母のお祝いのために集まりました。
その中にはいとこもいました。久々にいとこに会い、遊ぶこともでき、いい時間を過ごすことができました。

その時間の中で、25人の親戚家族と聞くと、結婚50年の凄さが改めて感じられます。

祖父母は結婚した当時に2人で花の栽培を始め、80歳近くなった今でもお米やいろいろな野菜を育てています。
自分で作ることの素晴らしさや、食べ物の大切さが身にしみます。

毎年、お米や野菜を送ってくれるのですが、毎年楽しみにしています。
このお米や野菜で作るご飯を食べれることがとても幸せです。取れたての新米や野菜は味は別格ですよね。
食べながらも、祖父母の顔を思い出しています。

久し振りに合った祖父は少し耳が遠くなっていて、祖母は膝が悪く、階段の上り下りがとても辛そうでした。
そんな祖母に、夜、ストレッチをしてあげたらとても喜んでもらえました。

少し心配ですが、2人とも気持ちはパワフルなのでまだまだ元気です。

これからは野菜の収穫時期や田植え、稲刈りの時には手伝いに行こうと思います。


(山賀)

画像(1):冬は焼き芋にしてもいいかもしれないですね!
画像(2):祖父母が作っている野菜です。とてもおいしいです。
画像(3):大好きな自慢のいとこです。
※画像撮影者/山賀

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。