おうちごはん

食事・栄養・レシピ2020年5月8日

『免疫』という言葉をよく聞くと思います。

風邪やウイルスに勝つ免疫をつけるには、まず血や筋肉のもととなるたんぱく質をしっかり摂取しましょう!

たんぱく質の1日の推奨量は、

男性18〜64歳で65g、65歳以上で60g

女性18歳以上で50gです。

(日本人の食事摂取基準(2020年版) 抜粋)

1日3食と考えると、1食あたり約17〜22gのたんぱく質を摂取できると良いですね!

そこで簡単にたんぱく質を摂れ、他にも栄養満点の『卵』について本日はお伝えします!

卵は 完全栄養食品 と呼ばれ、ビタミンC、食物繊維以外の栄養成分は全て含まれています!

写真:たまご
画像(1)たまご

卵1個(約60g)

エネルギー 94kcal

たんぱく質 7.4g

脂質 6.4g

卵白には、口内炎や口角炎の予防に欠かせないビタミンB2が豊富です!

卵黄には、動脈硬化や老化防止に役立つビタミンA、ビタミンEが含まれています。

他にもビタミンD、カルシウム、鉄なども含まれています。

脂質が多いのは、卵黄のコレステロールです。私たちの身体の細胞は細胞膜で覆われています。

コレステロールは、細胞膜を構成する成分であり生命維持に必須です。

このように卵はたくさんの栄養が含まれており栄養満点なのです!!

含まれていないビタミンCと食物繊維は野菜などから摂取しましょう!

卵焼き、ゆで卵、目玉焼き、卵スープ、オムライス、、、、、どの卵料理が好きですか?

皆さまのお食事にぜひ卵を加えてみてください。

身体の血や筋肉となるたんぱく質を摂取して、元気に過ごしましょう!

〜スポーツジム&プール&ホットヨガ〜
東急スポーツオアシス本駒込店
東京都文京区本駒込2-28-12 
TEL:03-5940-0109


(吉村)

画像(1):たまご
※画像撮影者/吉村
写真:たまご

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。