防寒対策!

健康2012年1月14日

寒い日が相変わらず続いていますね。そんな中、私は年越しを千葉県の犬吠埼で過ごしました。前日からテントを持っていき、泊まりこみで初日の出を見ようというプランです。

そのテント泊が寒いのなんの!(笑)防寒具やカイロなどを持ち込みましたが、寒さのあまり寝ることが出来ませんでした。登山などの経験があるので、テント泊には慣れているたつもりですが、とても大変でした。

さて、その防寒ですが、ただ着込めば良いというわけではありません。そこで今回は効果的な防寒方法を紹介したいと思います。ポイントは3つです。

1.重ね着の仕方

肌着は身体にピッタリとしたものを選ぶようにします。今は特殊素材で出来た肌着など、機能性に優れた肌着が沢山ありますよね。次にシャツや上着、コートなどを羽織りますが、今度はピッタリしすぎないように注意します。少しサイズにゆとりを持たせることで、空気の層を作るようにするためです。

2.空気の出入れを防ぐ

折角、防寒をしても温かい空気が外に出たり、外の空気が中に入ったりしたら意味がありません。空気の通り道は防ぐようにしましょう。具体的には首、手首、足首のことを指します。マフラー、手袋、レッグウォーマーなどで対策すると効果的です。

3.下半身の防寒も忘れずに

人間の血液の約70%が下半身に集中しているそうです。これは重力によるためで、血液の循環も悪くなりがちです。そこで、身体を温める際には下半身を温めることも重要になます。「頭寒足熱」ともいいますし、コタツを想像するとイメージしやすいかもしません。

以上です!まだまだ続く冬を乗り切りましょう。


(橋本)

画像(1):テントでは、お雑煮を作りました。火を使うと温かかったです。
画像(2):犬吠埼の初日の出。残念ながら曇り空のため見えませんでした。
※画像撮影者/橋本
写真:テントでは、お雑煮を作りました。火を使うと温かかったです。 写真:犬吠埼の初日の出。残念ながら曇り空のため見えませんでした。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。