腰を痛めないデッドスクワット

MOSSA2013年3月10日

皆さまはスタジオレッスンのBFSシリーズに参加されたことはありますか?格闘技クラスのGroup Kickや体幹を鍛えるGroup Coreなど初心者から上級者まで楽しめるレッスンです。このBFSシリーズは3ヶ月に一度新曲リリースということで動きや曲が新しくなります。3月がちょうど新曲リリースの時期でこの3月はどの店舗でどのスタッフのレッスンを受けても同じ内容で行いますので初めて参加される方にはチャンスです。

私はGroup Powerのレッスンを担当していますが、今回の新曲ではいくつか新しい動きが出ていますので、初めての方でも参加し易いように説明をしたいと思います。

4トラック目のバック&レッグスの動きで「デッドスクワット」という動きが出てきます。

写真:「デッドスクワット」。デッドリフトとスクワットを合わせた動きです。
画像(1)「デッドスクワット」。デッドリフトとスクワットを合わせた動きです。
この動きはその名前の通り「デッドリフト」と「スクワット」を合わせた動きですが、イメージとしてはスクワットの動作でバーを担ぐのではなく下に持った状態で行います。その際に身体を丸めると腰を痛めますので必ず背筋を伸ばした状態で行って下さい。
写真:デッドリフトです
画像(2)デッドリフトです
写真:スクワットです
画像(3)スクワットです

この動きを習得すると何か重いものを持ち上げるときなどに、腰を痛めにくくなるのでレッスンに参加されない方もぜひ覚えてください。


(菅)

画像(1):「デッドスクワット」。デッドリフトとスクワットを合わせた動きです。
画像(2):デッドリフトです
画像(3):スクワットです
※画像撮影者/加藤真
写真:「デッドスクワット」。デッドリフトとスクワットを合わせた動きです。 写真:デッドリフトです 写真:スクワットです

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。