「今日のお話」 〜備えあれば・・・〜

フィットネス・エクササイズ2010年9月10日

備えあれば・・・その1.
先日、CPR+AEDの講習会に行ってきました。
フィットネスクラブで働くスタッフとして、事故が起きた時に適切な対応ができるようにということで、毎年受講しています。
(ちなみにオアシスでは全スタッフが年一回の講習会受講が義務になっています)
最近はAEDの普及にともない、一般の方の参加も増えているようです。
ちなみにCPRとはCardio Pulmonary Resuscitationの略で、心臓が停止しているとみられる人に対して行う心肺蘇生法のことで、AEDとはAutomated Exteranal Defibrillator の略で、自動体外式除細動器といいい、心室細動(心臓の心室がふるえているような状態)を正常な状態に戻すものです。
元々、AEDは医療従事者にしか使用が認められていませんでしたが、2000年のAHA(アメリカ心臓学会)のガイドライン変更にともない、日本では2004年7月から一般市民の使用が認められるようになり、普及してきました。
以前、オアシスの研修担当者が「CPRとAEDは酔っ払っていても正確にできるくらい練習しておけ」と言われてました。それくらい習熟していないと、いざという時には焦ってしまい適切な対応ができないということだと思います。しっかり身につけて、いつ人が倒れても対応できるように準備をして現場に出たいと思います。

その2。
今日は自衛消防隊の訓練審査会に参加してきました。
この訓練審査会とは、消火活動の迅速性・確実性・安全性、消火栓操作の習熟度、士気・規律の充実度などを競う大会のようなもので、今年は太田区内の14の事業所が参加して行われました。
今回、オアシス雪谷店では、石垣、棚井、平山の3名で自衛消防隊を結成し参加しました。
昨年は初出場で3位に入賞し、今年は2位以上を目指していたのですが、結果は今年も3位! 正直、ちょっと悔しかったです。
今年は歴史的な猛暑ということもあり訓練が本当に大変でした。 立っているだけで汗だくになってしまうような屋外で、消火栓のホースを持って走ったり、大声を出したりと、かなりきつかったです。
が、このような訓練をする機会はなかなかないので、良い経験といえます。

事故や火災は願わくば起きないでほしいものです。しかし「備えあれば憂い無し」という言葉のとおり、起きてしまった時には適切な対応ができるよう準備しておきたいと思います。


(石垣)

画像(1):CPR+AED講習会のテキストと認定カード
画像(2):消防訓練審査会の様子
※画像撮影者/石井
写真:CPR+AED講習会のテキストと認定カード 写真:消防訓練審査会の様子

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。