「今日のお話」 〜肩、何やってる?〜

フィットネス・エクササイズ2021年3月5日

先日、外部研修で武蔵小杉店スタッフの松田と会った時、「肩、チェックして下さい」と言われました。実は、半年ほど前にもまったく同じ事を言ってきて、私が三角筋のサイズやシェイプを見たのですが、彼は腕が太いので、「太い腕によって三角筋が(相対的に)小さく見える」と感想を伝えました。その時から三角筋のサイズアップに注力してきたらしく、「どれくらい変わったかまた見てほしい」とのことでした。が、三角筋だけでなく全体が良くなっていました!そして出た質問が、「石垣さん、肩って何やってます??」

トレーニングを行っている人同士でよく「肩、何やってる?」というような会話をしています。もちろん他の部位についてもですが。

さて、今日は肩のトレーニング日! 私の行った内容はというと・・・
1、ダンベルショルダープレス 3セット×6〜10レップ
2、ダンベルアップライトロウ 3セット×10〜12レップ
3、サイドレイズ 3セット×10〜12レップ
4、ショルダージャイアントセット 2セット×50レップ
肩、パンパンです・・・

ここ4ヶ月位、肩や腕などを個別で鍛えるということをしてませんでしたが、今はまた筋肥大目的で部位を分けて小筋群もトレーニングしています。ちなみに、最後の「ジャイアントセット」とは4〜5種目を間に休憩を挟まず続けて行う方法で、私はウォームアップや最後の仕上げでよく使います。同じようなセットの組み方で、2種目を続けて行う「スーパーセット」や3種目行う「トライセット」という方法があり、用途に合わせて使い分けています。「ショルダージャイアントセット」では軽めのダンベル(この日は4キロ)を使って、フロントレイズ・サイドレイズ・リアレイズ・アップライトロウ・アーノルドプレスの5種目を10レップずつ連続で行い、三角筋をあらゆる方向から追い込みます。今日もきつかった〜!

ふと、武蔵小杉店の松田や、浦和店の坂井は肩のトレーニングは何をやっているかな〜と思いました。


(石垣)

画像(1):ダンベルショルダープレス。 ここではできるだけ高重量を使います。
画像(2):ダンベルアップライトロウ。 この種目はバーベルでもできますが、私はダンベル派。
画像(3):サイドレイズ。 この種目では扱う重さよりも、とにかく三角筋に効かせることを意識しています。
※画像撮影者/池間
写真:ダンベルショルダープレス。 ここではできるだけ高重量を使います。 写真:ダンベルアップライトロウ。 この種目はバーベルでもできますが、私はダンベル派。 写真:サイドレイズ。 この種目では扱う重さよりも、とにかく三角筋に効かせることを意識しています。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。