ポールで筋肉を緩める

フィットネス・エクササイズ2011年7月25日

先日、不注意から膝を怪我してしまい、いま激しい運動や脚のトレーニングはストップがかかっています。思うように動けないのは本当にストレスがたまる・・・ 一日も早く治したいところです。

というわけで、いま私が行っているケアは、一つはアイシング!腫れや痛みがあるうちは、やはりこれです。患部の炎症を抑えたり、痛みを軽減する効果があります。家で毎日やっていたらバンテージ巻くのも慣れて上手くなりました。

もう一つは、ポールを使ってセルフ筋膜リリースをしています。筋肉は薄い膜に覆われていて、その膜を筋膜といいますが、この筋膜に刺激を与えると緊張している筋肉を緩めることができます。これを筋膜リリースといいますが、ポールを使うと自分の体重を使って、手軽にこの筋膜リリースを行うことができます。ポールは本当に便利なので、自宅で毎日使っています。怪我した方の脚は周辺の筋肉が緊張しやすいですが、筋肉を緩めて血流も良くし、回復を早める狙いでこれを行っています。今、鍼灸師や柔道整復士の友人に相談しながらケアしていて、少しずつですが痛みがなくなり、可動域も改善していってます。はやく脚のトレーニングがしたい・・・


(石垣)

画像(1):ポールを使ったセルフ筋膜リリース。 これは左脚の太腿の外側の大腿筋膜張筋とその周辺を緩めています。
画像(2):コールドパックをバンテージで固定してアイシングしています。
※画像撮影者/岩本
写真:ポールを使ったセルフ筋膜リリース。 これは左脚の太腿の外側の大腿筋膜張筋とその周辺を緩めています。 写真:コールドパックをバンテージで固定してアイシングしています。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。