「今日のお話」 〜トレーニングの記録をつける〜

フィットネス・エクササイズ2011年9月12日

みなさんはトレーニングや食事、体調などの記録をノートやダイアリーにつけるということをしていますか?私は毎回のトレーニングで行った内容(種目・セット数・回数など)をダイアリーにつけています。記録をつけることのメリットは、トレーニングの進捗状況をすぐに確認できることや、調子が悪い時、今一成果が上がらないという時に、どこが原因なのか(例えばトレーニング頻度や強度、種目の選択など)を検証し、対策を考えられるということでしょうか。トレーニングをさぼりがちな方、オーバートレーニングになりがちな方、どちらにも有効活用できると思われます。この記録をつけていくという作業、最初は面倒だったり忘れてしまったりと、少し大変と感じるかもしれませんが、習慣化してしまえばまったく苦にならなくなります。私の場合はこれを書かないとなんとなく落ち着きません・・・

私はトレーニングを始めた当初(15年位前)、今よりも細かく記入していて、毎回のトレーニングの全てのセットで使用した重量とレップ数まで書いていました。最初はジム内でノートを持ち歩き、各種目で1セット終わるごとに記入していましたが、慣れてくるとその都度書かなくても暗記していて最後にまとめて書けるようになっていきました。現在はそこまで詳細に記録していないので、家に帰ってからその日行った内容を思い出して書いています。

最近、このトレーニングの記録をとることが活かせることがありました。今月4日にトレーニング実技指導者向けの検定試験を受けたのですが、その準備に2ヶ月前の7月から入りました。ところが、その矢先に膝を傷めてしまい予定が大幅に狂ってしまいました。怪我をしてから3週間は安静にしなければならなかったので、傷めた膝のケアと、トレーニングは上半身のみとしました。膝の回復具合が順調だったので、8月に入ってからは実技検定の中の重要箇所(苦手なところ)を重点的に行っていきました。今回は1週間ごとにやるべき事を決めて、週が終わった時に進捗を確認しながら進めていきました。記録をつけていないと、こういった確認ができません。

オアシス雪谷店ではトレーニングの記録や血圧・体重などを記入できる用紙をご用意しています。最初は少々面倒と感じるかもしれないですが、トレーニングを効果的に進めていくためには非常に役に立ちます。ぜひ活用してみて下さい。


(石垣)

画像(1):私が使っているトレーニング用のダイアリーです。
※画像撮影者/石垣
写真:私が使っているトレーニング用のダイアリーです。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。