「今日のお話」 〜最近の悩み〜

フィットネス・エクササイズ2011年11月13日

最近、スクワットをする時に左脚の付け根あたりに痛みと違和感(詰まり感)を感じて、思うようにトレーニングができず、困っています。軽い重量でも痛みがあって、この状態は左膝を傷めた今年の7月あたりから続いているので、かれこれ3〜4ヶ月になります。膝の怪我との関連か??色々試したところ、トレーニング前に痛みが出る側の腸腰筋と大腿直筋を入念にストレッチしたら、だいぶ軽減されました。このことから、問題は左の腸腰筋、大腿直筋のタイトネスからきていると判断し、毎日この部位は特に入念にストレッチしています。

これらの筋肉は股関節を屈曲(太ももを引き上げる)させる働きをし、姿勢については骨盤の前傾と腰椎の前湾に関与しています。つまり骨盤が過度に前傾し反り腰気味の人はストレッチで緩める必要があり、反対に骨盤が後傾して偏平腰タイプの人はトレーニングが必要といえます。私は前者の骨盤前傾で腰の反りが強いタイプ。さらに右脚と比べて左脚の柔軟性が低い。加えて膝の怪我から、さらに周辺の筋肉のタイトネスが増してしまい、この嫌な痛みと違和感を引き起こしていると考えられます。

では、腸腰筋と大腿直筋のストレッチ!私が好んで行うのは、フラットベンチを使う方法。床でもできますが、この方が私は伸び感が良いです。まずは腸腰筋!(画像1)腰を前に出すようにすると伸びます。この時、腰が反らないように注意!続いて、大腿直筋!(画像2)この筋肉は「二関節筋」と言って2つの関節に作用しているので、腸腰筋よりも少し難しく、ストレッチするには、股関節を伸展しながら膝関節を屈曲する必要があります。腸腰筋と同じように腰が反らないように注意しながら膝を屈曲します。ストレッチもトレーニング同様、正しい形で行うのが重要。そして、どちらも30秒ほど保持します。

思えば最近、痛い所が多い気がします。やはり体は鍛えるだけでなくケアも必要!ストレッチも真面目にやらないと・・・


(石垣)

画像(1):腸腰筋のストレッチ。
画像(2):大腿直筋のストレッチ。
※画像撮影者/近藤
写真:腸腰筋のストレッチ。 写真:大腿直筋のストレッチ。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。