「今日のお話」 〜いつものエクササイズを少し変えてみる〜

フィットネス・エクササイズ2011年11月30日

トレーニングの効果を出すには継続が必要!これはトレーニングの基本原則に「継続性の原則」というものがあることからも明らか。とはいえ、年間を通してまったく同じようなトレーニングを続けるのも効果が頭打ちになったり、停滞してしまいがちですし、飽きることもある。こんな時に私が行うのは、いつもの定番エクササイズを一工夫して少し違ったものにすること。

例えば、今日は背中のトレーニングでしたが、「ダンベルベントオーバーロウ」を画像のように片手で行う「ワンハンドベントオーバーロウ」行いました。一見「ワンハンドロウ」のようにも見えますが、ベンチに手と脚を乗せているわけではないので、まったく別物になります。やり方はベントオーバー姿勢をとったら、重りを持ってない側の手を腰に置いて、あとは通常通り肩甲骨を内転(内側に引き寄せる)しながらダンベルを引きます。

これは簡単そうに見えて、実は結構難しい。なぜかというと、体幹部がまったく固定されていないため、重りを持っている方向に体幹が引っ張られているので、動作中常にその力にまけないように体幹を保持しないといけないからです。というわけで、ベーシックな「ベントオーバーロウ」を十分やり込んで慣れた方にお勧めしたいエクササイズです。

少し変えているだけなのに、大きく変わっている。トレーニングってやっぱり面白いな〜


(石垣)

画像(1):ワンハンドベントオーバーロウのスタートポジション。
画像(2):これがフィニッシュ姿勢。結構難しい!
※画像撮影者/近藤
写真:ワンハンドベントオーバーロウのスタートポジション。 写真:これがフィニッシュ姿勢。結構難しい!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。