トレーニング研修を行いました  

フィットネス・エクササイズ2013年10月25日

先日休館日を利用し、スタッフ間でトレーニング研修を行いました。

内容はスタッフ塚田のブログでも記載しています筋トレBIG3の種目の一つである「ベンチプレス」です。

男性スタッフは自体重の80%の重量を、女性スタッフは自体重の50%の重量をそれぞれ何回挙上できるかというものでした。この研修の一番の目的は、筋肉を自力でオールアウトさせるとはどういったものかを確認すること。

オールアウトとは「筋肉を限界まで追い込むこと」を意味します。具体的に説明しますと、ある種目を行う際に、1セット中に自分の力を全て出し切り、もうこれ以上動かせないというところまで筋肉を追い込むことです。

一般的に筋肥大を狙う際に1セット8〜12回挙上するのが効果的といわれますが(種目による可動域、筋繊維のタイプで若干異なります)その8〜12回が本当にギリギリ挙げられる重量に設定することが非常に重要です。ですので、なるべく筋肉をオールアウトさせるウェイト設定をしましょう。ただし、ある程度トレーニングになれた方が行うべきであり、トレーニングを始めて間もない初級者が行うと怪我のリスクもあります。

写真:初めての方は補助をつけましょう。
画像(1)初めての方は補助をつけましょう。

私が偉そうに言える立場ではありませんが、スタッフのトレーニングを見ていて、勿論しっかり追い込んでトレーニングできているスタッフもいますが、大半のスタッフは今ひとつしっかり追い込めてないような気がしていました。今回の研修で改めてオールアウトさせるとはどういった感じかをスタッフ間で確認できたので、有意義なものだったと思います。

ちなみに私が何回挙上できたかと言いますと、思ったよりたいしたことがない結果で終わってしまったので、ここでは伏せます(もし興味がございましたら直接聞いてください)。私自身自分の弱さを確認できたので、これを機にまたトレーニングに励んでいきたいと思います。

写真:筋肉を追い込みましょう!
画像(2)筋肉を追い込みましょう!


(平山)

画像(1):初めての方は補助をつけましょう。
画像(2):筋肉を追い込みましょう!
※画像撮影者/中嶋
写真:初めての方は補助をつけましょう。 写真:筋肉を追い込みましょう!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。