運動前の食事のタイミングについて

フィットネス・エクササイズ2014年9月1日

今回は運動に密接に関係のあるお話をしたいと思います。みなさんは運動前に何を食べますか?ファーストフード、定食、またはチョコレートなどのお菓子ですか?みなさんはそれらを食べた後の運動中に「今日はちょっと調子が悪いな。」「なぜかいつもより動けないな、何だろう。」と感じた事はありませんか? 
 
そのような時は体の中で何が起きているのでしょう。実は運動の前20〜30分以内に糖質の過剰摂取をすると体内では血糖値の上昇が起こります。その後インスリンが分泌され血糖値の減少を引き起こします。この事を「インスリンショック」と言います。
このインスリンショックで運動中の体内エネルギーである糖質の肝臓からの放出を抑制してしまい、「スタミナ切れ」や「筋肉の痙攣」などを引き起こす原因となります。運動前に口にする物やタイミングというのは気をつけないといけないのです。 
 
ではどのタイミングで食事をすればインスリンショックを避けられるのでしょう。たとえば運動開始60分前程度には食事を済ませておけば仮にその状態になったとしても、運動開始時には体内の血糖値は正常に戻っている可能性が高いと考えられます。逆に運動開始30分前位からの糖質の過剰摂取は避けたほうが無難といえます。 
 
今後みなさんがオアシスに来館する時は60分前には食事を終えてから来館するようにしましょう!みなさん、より良いフィットネスライフを満喫しましょう!


(窪田)

画像(1):運動前にはぜひタンパク質・野菜を!
※画像撮影者/窪田
写真:運動前にはぜひタンパク質・野菜を!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。