むくみ知らずの美脚トレーニング

フィットネス・エクササイズ2015年7月31日

こんにちは。皆様体調は崩されていませんか?そんな日はジムで体を動かすことに限りますね!

さて、今日は“むくみ”解消法をご紹介したいと思います。むくみは女性の最大の敵と言っても過言ではありません。「靴下の跡がなかなか消えなくて恥ずかしい!!」「靴を履こうとしたらきつくて入らない!!」なんてことはありませんか?これから薄着になる季節、むくみ知らずな美脚でいたいですね。そんな皆様、必見です!

そもそも、むくみとはどういう状態なのでしょうか。簡単に言うと「水分が老廃物と共に滞った状態」です。私たちの身体は、約6割が水分でできています。その水分は血管やリンパ管を通って全身をめぐり、養分や老廃物を運搬します。何らかの原因で運搬が滞ってしまうとむくみに繋がるのです。

ではむくみの原因はなんでしょう?むくみの原因は塩分の過剰摂取など様々ですが、以外にも運動不足とも関係しています。上記のように、水分が上手くめぐらず滞ってしまうとむくみにつながります。その際に重要なのが“筋力”です。特に足(ふくらはぎ)の筋力はとても大切です。ふくらはぎの筋肉にはポンプ作用があり、それによってめぐりを促してくれます。筋力が弱かったり、同じ体制を続けて動かさなかったりするとポンプ作用は弱まってしまいます。そこでこれら「むくみ」を改善していくトレーニングをご紹介いたします。

むくみ改善に効果的なトレーニング“カーフレイズ”です。これはふくらはぎの筋肉である「腓腹筋(ひふくきん)」「ヒラメ筋」を鍛える種目です。器具を用いたトレーニングはもちろん、ご自宅の階段や段差を使って簡単に「うちトレ」もできます。

ポイントはかかとの上げ下げです。段差を使う場合は、拇指球のあたりまで段差にのせます。かかとは浮かせた状態で、背屈位からつま先立ちの体勢までかかとを上げ下げします。写真1をご覧下さい。このときトレーニングを行う際は必ず手すりなどにつかまるようにして下さい。トレーニングの他にもむくみが辛いときは、ストレッチやマッサージも効果的です。写真2をご覧下さい。

以上がむくみの解消法です。むくみは日頃から身体全体を動かすことも予防に繋がります。
たくさん身体を動かして、健康でキレイな身体を手に入れましょう!


(幡鎌)
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。