フィットネススタッフの筋トレ事情

フィットネス・エクササイズ2015年9月4日

皆さんはどんな脚のトレーニングをしていますか?「カラダを支える」という本来の脚の目的を果たす為に、下半身のトレーニングは欠かせません。仕事や学校・行楽で歩く機会が多い方でも、休日に歩行数が少ないと筋力低下の原因にもなります。

では、具体的にどんなトレーニングが必要なのでしょうか?今回は「関節」にスポットを当ててみたいと思います。まずは腿を体に引き寄せる「股関節(こかんせつ)」、次に膝の曲げ伸ばしをする「膝関節(しつかんせつ)」、最後に足首を稼働させる「足関節(そっかんせつ)」。この3つの関節を同時に稼働させる事で、大腿部は刺激を受け強度の高いトレーニングが実現します。果たしてそんなエクササイズが存在するのでしょうか?答えは「イエス」です。

そう、皆さんもよくご存知のスクワットです。特にパワーラックで行う、バーベルを担いでのそれは、他のトレーニングの追随を許さず、強度の高い種目として知られています。スクワットが「キングオブエクササイズ」と言われる所以です。

既に取り組んでいる方も、これから始めてみようという方も、先述した3つの関節がしっかり動いているか確認してみてください。極端に上体が立っていれば股関節の屈曲動作が上手く出来ていないでしょう。逆に膝が突っ張っていると状態が倒れやすくなります。また、足首が硬ければ足の裏が浮きやすくなります。それらを踏まえ、正しいフォームで強度の高いトレーニングにチャレンジしてみましょう!


(小林)

画像(1):担ぎます。
画像(2):しゃがみます。
※画像撮影者/内山
写真:担ぎます。 写真:しゃがみます。

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。