トレーニングの時間を作ろう

フィットネス・エクササイズ2016年3月5日

先日、半年ぶりにプロレス観戦をしてきました。
場所は新宿FACE、450人で満員となる規模でした。普段よく通っている後楽園ホールの定員が1800人ほどですから、かなり臨場感がありました。

プロレスの興行は、大会ごとにテーマが設けられています。今回はずばり「若手育成」。まだデビュー間もないレスラーが中心となり、若手同士もしくは若手対ベテランという試合が多く組まれました。成長過程にありながらも、日々の鍛練で磨かれた肉体と技術の応酬に会場は大盛り上がりです。

プロレスラーにとってトレーニングは仕事の内です。ですが若手となると、寮での作業や大会の準備に追われ、中々トレーニングの時間が割けないと耳にします。これは、仕事と並行してトレーニングライフを送る我々と同じですね。

トレーニングライフを送る上で、色々な障壁があると思います。その中で多くの方が挙げるのが「時間がない」というものです。学生なら授業や部活、社会人なら仕事や残業。また、どの年代においても余暇の過ごし方は日々多様化している為、ついジムへ行くのが億劫になってしまったり・・・。

みなさんは、週なん回トレーニングをしていますか?私は週7日ペースで取り組んでいます。その代わり、1回あたりのトレーニング時間は60分にも満たないですし、短い時は30分ほどで終える時もあります。

1日の予定を組む上で、「トレーニングの時間」を最優先に据え、そこから派生的にスケジューリングしていきます。旅先でジムを探すこともしょっちゅうです。もちろん、体調が芳しくない時や突発的な用事でそれが困難なこともあります。

最初はゆっくりでも構いません。少しずつご自身のペースを見つけながら、トレーニングライフを構築していってください。それが軌道に乗ってくると、きっとトレーニングが楽しいものになってきます。タイムマネージメントを磨くことにも役立つので、是非チャレンジしてみてください!


(小林)

画像(1):ライオンズゲート
画像(2):ライオンズゲート
※画像撮影者/小林
写真:ライオンズゲート 写真:ライオンズゲート

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。