水泳の基本姿勢を創るストレッチ

フィットネス・エクササイズ2017年12月6日

前回のブログ(基本姿勢)は皆さんチェックされましたか?実際にやってみてご自身の姿と何か違う点はありましたでしょうか?

おそらくほとんどの人が、肘が曲がっていたり、身体がまっすぐ垂直上に伸びなかったのではないでしょうか?
その原因は「柔軟性不足」です。今回は水泳の基本姿勢を創るストレッチをご案内したいと思います。

まずは身体を垂直上にまっすぐにするために大胸筋や胸椎を伸ばすストレッチです。日常生活では猫背になることが多く大胸筋が縮まった状態になっています。時間をかけて丁寧に伸ばしましょう。

写真:胸椎を伸ばします。
画像(1)胸椎を伸ばします。

壁に手をつきお尻を突き出すように胸を張ります。
肘も出来るだけ伸ばし、頭を手の間に入れます。

写真:胸を突き出すように!
画像(2)胸を突き出すように!

手を後ろで組み、肩甲骨を寄せて胸を張ります。
肩も後ろで寄せるようにしましょう。

写真:胸を張るように!
画像(3)胸を張るように!

壁に肘をつけ、肩甲骨を寄せます。
肩が前に出ない様に身体を反対にひねります。

ストレッチの注意点
・強い痛みがでるところまで伸ばさない様にしましょう。
・伸びを感じるところで20〜30秒止めます。
・呼吸は止めずにゆっくり行います。
・泳ぎの前後はもちろん、泳がない日も朝と夜の最低2回はストレッチしょましょう!

ストレッチをやらないと身体がどんどん硬くなります。ストレッチを習慣にして水泳の基本姿勢を身に付けてカッコイイ泳ぎを手に入れましょう!


(菅)

画像(1):胸椎を伸ばします。
画像(2):胸を突き出すように!
画像(3):胸を張るように!
※画像撮影者/菅
写真:胸椎を伸ばします。 写真:胸を突き出すように! 写真:胸を張るように!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。