骨と筋肉

フィットネス・エクササイズ2009年6月21日

私は今大学で骨や筋肉について勉強しています。
私にとってはすごく楽しく、昔から興味がある分野なので、皆様にも少しご紹介したいと思います。

まず骨の授業です。
この授業では交連骨格模型、(通称ホネホネ君)や、骨を1本1本分解した模型をスケッチします。(画像1)
スケッチする時は特に、窪みや線に注意しながら行います。
この授業では、骨の形状や関節がどのように形成されているのかを1人1人スケッチしながら学びます。

次に筋肉の授業です。
今は触診をしています。
触診とは、筋肉を触ることです。
この授業では筋肉がどこからどこまでついているのか?なに神経が支配しているのか?その筋肉が緊張すると体がどう動くのか?を坐学と実技で学びます。
私はこの授業で「人間にこんなに筋肉があるのか」「人それぞれ筋肉の発達具合が全然違うのだな」ということを実感しています。

6月は毎週月曜日に触診のテストがあり、クラスみんな平日は夜遅くまで、土日も学校に行ってひたすら触診の練習をしています。
スケジュール面では辛いですが、みんなと助け合いながら勉強できるので楽しいです。

昨日も午前中に練習しに行って来たので、その様子をご覧下さい。(画像2)

最後に余談ですが、これらの授業を受けて「ヒラメ筋」が好きになりました。
なぜならヒラメ筋がきれいに出ているとかっこよく見えるからです。
たまにクロストレーナーをしている方のヒラメ筋を見てしまうほどです。
みなさんも好きな骨や筋肉みつけてみませんか?


(富本)

画像(1):ホネホネ君
画像(2):触診中
※画像撮影者/富本・富本友人
写真:ホネホネ君 写真:触診中

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。