認知症について学ぶ

マネージャーのヒトリゴト2021年6月25日

イベント参加人数

51名

3月16日(水)の休館日に近隣の企業や団体と合同で「認知症サポーター養成講座」のセミナーを行いました。講師は地域包括支援センターおんたけ山センター長の渕上さん、参加はイオンスタイル御嶽山駅前さん・芝信用金庫御岳山支店さん・鍼灸接骨院おんたけさん・ケアプラン田園さんの各社従業員の方々と嶺駐在さんの総勢51名でした。

「2025年問題」という言葉をご存じでしょうか。
団塊の世代の方々が75歳以上になり全人口の4人に1人が後期高齢者となり、超高齢化社会を迎えるようになります。その際「認知症」を患う人が700万人を超え、大きな社会問題となると言われています。

セミナーでは「認知症」について深く知る事が出来、今後起こり得る問題に対し何が出来るかなど改めて考える機会となりました。また「認知症」を理解することにより、ここ数日スタッフの行動や言動に変化が見られるようになり、大変有意義なセミナーであったと思います。

今後オアシス雪谷店としては地域と連携し「地域包括ケアシステム」について出来る事は何かを考えて行ければと思います。


(牧野)

画像(1):セミナー風景です
画像(2):認知症サポーターの印オレンジリング
※画像撮影者/牧野
写真:セミナー風景です 写真:認知症サポーターの印オレンジリング

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。