大きな実がなりますように。

マネージャーのヒトリゴト2021年6月18日

我が家のベランダの 「 きゅうり 」の苗があと少しで実をつけようとしています。今日は大きくなりすぎた「きゅうり」の苗を 前よりももっと大きな鉢に引越しをさせる日。新しいプランターへ培養土を追加させ、苗を移動。苗を棒にしばりつけてやっとメンテナンス終了。これできっと大きな実をつけてくれるはずです。

雪谷店もオープンして はやいもので半年が過ぎました。
思えば昨年の6月はスタッフはわずか2人。7月にやっと10人程度。会員様ももちろんおらず、施設も未完成。ちょうど今の「きゅうり」の苗のように、実がなることを信じて、雪谷店のメンテナンスに明け暮れる日が続きました。
芽がでて、大きくなって、花が咲いて 、そこからやっと大きな実が・・・。
我が家の「きゅうり」を 我が家のスタッフと一緒にメンテナンスしながらひとしお、感慨深い気持ちになっていました。

大きな実が「おいしく」食べれるように、また、大きな実が「おいしく」食べてもらえるように、発展途上の両方の「 苗 」 を今後もしっかり育てていきます。

(石井)
画像(1)大きくなったきゅうりの苗
画像(2)きゅうりの苗をメンテナンスするスタッフ達
※画像撮影者/石井


()
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。