夏を楽しみましょう!

ダイエット・美容2010年8月24日

8月の後半に入りましたが、まだまだ暑い日が続いていますね。日差しも強く、特に女性の方は日焼け対策に追われるのではないでしょうか?あるいはここぞとばかりに、小麦色に焼く方もいらっしゃるかと思います。そこで今回は日焼けについて書きたいと思います。

日焼けは熱傷、いわゆる軽度のヤケドです。ひどいものになると入院が必要になる場合もあります。さらに、紫外線はシミ・皺を増やし、皮膚を老化させ皮膚癌や白内障を発生、誘発し皮膚の免疫力までも低下させるとされています。日光を浴びることで生成されるビタミンDも食事で十分補給することができるとして、ファッションで日焼けを行う場合も、サンスクリーン剤(日焼け止め)の使用が推奨されています。

このように日焼け・紫外線は非常に体に悪い影響を与えるリスクを持っています。なので、しっかりと肌を守りたい方もキレイに焼きたい方も、しっかりと対策をしましょう。まずは日焼け防止対策。肌を露出しないのが一番ですが、暑くて辛すぎます。やはり日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めを選ぶ時は「SPF値」と「PA値」の高いものを選びましょう。お化粧をされる場合は、化粧下地の前に塗って下さい。日焼け止めの成分が含まれた化粧品と併せて使うと紫外線カット率が高くなります。

擦り過ぎると肌荒れを引き起こす可能性があるので、優しく塗ってください。2〜3時間を目安にして塗り直しましょう。また紫外線を通しにくいポリエステルと綿の混紡素材の衣類を着たり、日傘やサングラスは欠かせません。

上手な日焼け対策
太陽光線の強い午前10時から午後2時は避けましょう。日光浴の時間は3時間までにして、日焼け直後は肌が乾燥しているので、化粧水や乳液で保湿を行いましょう。

お休みでレジャーに行かれる方もオアシスに来られる方も、しっかりと日焼け対策をして快適な夏をお過ごしください。


(池間)

画像(1):しっかりと日焼け対策をしましょう!
※画像撮影者/池間
写真:しっかりと日焼け対策をしましょう!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。