雪谷店ブループロジェクト

Charities(VILLAGE)2014年2月14日

ここのところ大雪など天候に振り回されることが多いですね。今日も外は雪です。皆様、事故のないようお気をつけてオアシスにお越し下さい。

さて、オアシスでは『ブループロジェクト』と銘打って各種の社会貢献活動を行なっております。雪谷店でも過去にチャリティーレッスンや募金活動を行なって参りました。今回はスタッフ個人をクローズアップしてそれぞれの心がけ・取り組みをご紹介します。

【根本マネージャー】
『できることからコツコツと。』
大変なことはちょっとやってみても続かない。そうではなく、日常生活の中でできることを継続的に行なっています。こまめに消灯することや資源ゴミの分別など、すぐに、いつでもできることを心掛けています。

写真:根本マネージャー
画像(1)根本マネージャー

【近藤サブマネージャー】
『エコキャップ回収!そしてなるべくゴミ自体を出さない!』
オアシスでも皆様にご協力頂いているエコキャップの回収ですが、自宅でも集めています。エコキャップ800個でワクチン1個提供できるそうです。800個と聞くとすごく多いように感じますが、フィットネスセンターのエコキャップ回収BOXに800個の目安が貼ってあります。これを見ると意外とすぐ集まるんだなと感じます。また、その他の資源ゴミもスーパーの回収BOXに入れるようにしています。自宅がある市ではゴミ袋代が高いこともあり、余分な袋は貰わないなどゴミ自体を減らす努力もしています。

写真:近藤サブマネージャー
画像(2)近藤サブマネージャー

【スタッフ幡鎌】
『常にエコバックを持ち歩いて世界からゴミをなくす!』
そんなに大それたことではないのですが、常にかばんの中にエコバックを入れて持ち歩いています。買い物に行くとき以外でも、急になにか買ったときにもエコバックを持ち歩いていれば袋はもらわずに済みます。小さな心掛けですが、いつか世界から“ゴミ”がなくなればいいなと思っています。

写真:スタッフ幡鎌
画像(3)スタッフ幡鎌


(近藤)

画像(1):根本マネージャー
画像(2):近藤サブマネージャー
画像(3):スタッフ幡鎌
※画像撮影者/近藤
写真:根本マネージャー 写真:近藤サブマネージャー 写真:スタッフ幡鎌

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。