夏の名物

店舗日誌2010年7月23日

梅雨も明け、毎日暑い日が続いていますね。皆さんはこの3連休にどこかへお出かけになったでしょうか?私は久々に連休を取ったのですが、特別遠出はせずにこの時期にしか出来ない事をしてきました。それは今、全国各地で熱戦が繰り広げられている全国高校野球選手権大会(いわゆる夏の甲子園をかけた地区予選)で母校の応援に当時の野球部の仲間と行ってきました。

実際自分が卒業して社会人になるとなかなか後輩達の応援に行けなかったので、今回の応援は実に8年ぶりでした。試合が行われたのは、駒沢公園内にある駒沢球場です。周りは緑に囲まれていて日陰に入ればとっても心地良さそうなんですが、球場内には、ほぼ太陽の日差しをさえぎる物がないので、帽子とうちわはこの時期の野球の応援には必需品です。さて、いざ試合が始まると白熱した手に汗握る試合展開で暑さも忘れてしまい、我が母校が得点すれば仲間達と喜び、対戦校が得点をいれれば後輩達に激を飛ばし絶対に勝てるから最後まで諦めるなと叫んでいました。

結果は母校が一度は点差を広げたものの、9回表の相手の攻撃で同点に追いつかれてしまい嫌なムードになったのですが、その裏の攻撃で2アウトから連続出塁でまさかのサヨナラ勝ちをしました。最後の打球が内野を抜けた瞬間はもう我を忘れて大騒ぎしていました。頑張ってる後輩達には失礼ですが、まさか2アウトから盛り返すとはさすがに思ってもいなかったので、ほんとに驚きと喜びでいっぱいでした。そしてこの勝利で東東京大会のベスト16に勝ち進んだので甲子園も夢じゃないと思ったのですが、さすがに強豪校の集まる東東京はやはりそんなに甘くなく、今日このブログを書いてる時に母校の敗退を知らせるメールが友人から届いてきました。でも後輩達には胸をはってもらいたいです。144校が参加してのベスト16なのでこれは大変立派な成績だと思います。

歳を重ねる事に忘れていた最後まで諦めない気持ちや仲間の大切さをこの試合を通して後輩達に改めて教えられた気がします。後輩達には直接伝えられないのでこのブログで感動をありがとうと伝えたいです。母校の甲子園へのチャレンジはまた次へと持ち越しになりましたが、自分も後輩に負けずに日々頑張ってこれからも何事にも諦めずにチャレンジしていきたいと思います。
ちなみに、もしこれから高校野球の応援に行かれる方がいらっしゃったら熱中症予防の為に帽子とうちわ後、タオルは忘れずに持参してください。(女性の方は日傘もあったほうがいいかも)、そして炎天下の中なので水分補給は絶対に忘れないようにお願いします。


(塚田)

画像(1):試合前の整列
※画像撮影者/塚田
写真:試合前の整列

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。