ランニング後に肩甲骨ケア!

ランニング・ジョギング2012年4月28日

イベント参加人数

1名

4月28日(土)は、気温23℃と屋外をランニング・ウォーキングするには最適な気候の中、快適にランニングしてきました。走っている途中、しっかり汗が流れる季節になりました!この時期は、汗をかく量でもわかるように1年の中でも体の反応の変化が大きな時期です。毎年この時期は水分調節がとても難しく、実は熱中症になりやすい時期です。ぜひ水分をしっかり摂ってランニングしましょう!「のどが渇いたな」と感じる前に適度な水分を摂取するように心がけましょう。

今日は、毎週ご参加いただいているレギュラーメンバーの会員様1名様とフリーランニングの時間を多めに取り、しっかり走ってきました。ランニング後には、肩甲骨周りを緩めるケアをし、気持ちよく走り終えました。ランニングに集中している間、肩甲骨周りはかなり緊張しています。ランニング後だけでなく、走っている途中でも肩甲骨周りを緩めてあげることで気持ちのリセットポイントにもなります。また日頃の生活の中でも肩甲骨周りを柔軟に保つことは、しなやかで効率よく身体を動かすためにとても大切です。肩甲骨まわりの緩める方法をご紹介します。

<肩甲骨まわりのケア>
【1】肩甲骨を5秒かけ背骨の中心に向け寄せて戻す、これを何度か繰り返す
このとき、肘が身体より後方(背中側)に下がらないように注意します。

【2】肩甲骨を寄せた状態から、5秒くらいかけて肩を上下に動かす

【3】肩を上げた状態から首を後に倒し、ゆっくりもとに戻す
じんわりと、血流の流れを感じることが出来ると思います。同じ姿勢が続いたあと、ぜひ試してみてください。肩甲骨や首周りのスッキリ感が得られます!


(保坂)

画像(1):走り終わったあとに肩甲骨まわりのケアをしました!
※画像撮影者/保坂
写真:走り終わったあとに肩甲骨まわりのケアをしました!

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。