ウォーキングやジョギングの効果

ランニング・ジョギング2020年7月17日

こんにちは。雪谷店ブログ担当の米屋です。
本日はウォーキングやジョギングについてご紹介いたします。

新型コロナウイルスで生活様式が変化していく中、運動不足の解消や健康維持、リフレッシュするために散歩やウォーキング、ジョギングを行っている方も多いかと思います。
また、通勤やお買いものなどいつでもどこでも気軽に行うことが出来ます。

写真:
画像(1)

感染症も心配されますが、換気の良いところや風通しの良い屋外では、ソーシャルディスタンスを保てば安全に運動が出来ます。
この距離は少なくとも2mは間隔をあけるべきといわれています。
追い越す際には短時間で、すれ違う際などもなるべく距離をとるようにしましょう。

時間帯は人の少ない時間を選ぶなどの工夫も効果的です。
また、朝や日中など、日光の出ている時間帯にウォーキングをすると神経伝達物質であるセロトニンが分泌されます。
セロトニンは「幸せホルモン」とも呼ばれ、自律神経を調節し、気持ちを安定させ、ストレスを軽減させるといわれています。

また今の時期はマスクの着用しての運動となるため、熱中症には注意して、高温多湿や日差しが強い、風のない日などは避けるようにして、こまめに水分と休憩をとりましょう。
※熱中症対策の記事はこちらです。

写真:
画像(2)

運動時間は無理をせずに、15分〜1時間程度行ってみてください。
時間よりも継続して行う習慣をつけることが大切です。
短時間のウォーキングでもつま先を引き上げて踵で着地をするように、美しいフォームを意識して行うようにしてみましょう。

屋内外、どの運動に関しても必ず事前に体調をチェックし、少しでも異変や不調のある場合は運動を行わないようにしましょう。

雪谷店でも来週7/24(金・祝)の祝日に「CLEAN UP! ウォーキング」と題しましたゴミ拾いとウォーキングのイベントを予定しております。
勿論マスク着用の上、安全性を最優先に考えてのイベントになります。
ご希望の方はフロントスタッフまでお申し付けください。


(米屋)
写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。