ゴルフスイング上達の秘密〜ピラティスリフォーマー〜

フィットネス・エクササイズ2020年11月25日

今年2回目となるゴルフをしに静岡県の御殿場へ行ってきました。今回のゴルフ場は初めて行くコースで、前回(3月)行ったコースとは逆の特徴があり、アップダウンがあって、池が少ないという印象がありました。

当日は天気にも恵まれ、ラウンド中は富士山がはっきり見えたりと気持ちいいラウンドができました。結果は前回よりも少し良いスコアで回ることができましたが、まだ発表できる程のスコアではないので、今回は前日の練習を主に報告したいと思います。
やっぱり練習場とゴルフ場とでは、全く違いますね…(笑)

今回は前回の反省も踏まえて、練習をしてから当日を迎えるように1週間前と前日の2回練習場へ行きました。その中で、前日の練習では今までで一番良い状態で打つことができ、アイアン・ドライバーともにしっかりとボールを捕まえられて、絶好調でした。以前は2,3回に1度はミスショットがあったのですが、ほとんどが思い通りにまっすぐ飛んで、自分でもびっくりするくらいでした。

調子が良くなった理由を考えてみると、1ヶ月ほど前から行っているピラティスリフォーマーのトレーニング効果ではないかと思います。
ゴルフのスイングは単純に「ひねる」という概念ではなく、「身体の中心(背骨)からネジを回すようにひねり上げる。アウターの動きだけでなく身体の深部の筋肉も安定筋としてきちんと使う」という点で、ピラティスと同様の動きをするということや逆に言うとピラティスによってスイング運動に適した身体作りが実現できる等、さまざまな理由でゴルフ上達に繋がると言われています。
その効果を少しずつ実感できるようになり、トレーニングを始める前と比べるとバックスイング時のカラダの回旋が以前よりもスムーズにいくようになったので、その結果以前よりもショットの安定性が増したのだと感じています。

このブログをご覧になった方で、自分と一緒で今年はゴルフを上手になりたいと思っている方は、是非ピラティスリフォーマーのトレーニングやピラティスのレッスンを試してみてください。


(佐藤)

画像(1):前日練習では絶好調!
画像(2):富士山の見える気持ちの良いコース
画像(3):リフォーマーの効果でしょうか。身体が硬いので徐々にですが・・・
※画像撮影者/佐藤友人
写真:前日練習では絶好調! 写真:富士山の見える気持ちの良いコース 写真:リフォーマーの効果でしょうか。身体が硬いので徐々にですが・・・

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。