伝統にほんの少しのスパイスを。

マネージャーのヒトリゴト2016年8月12日

3年ぶりにラフィール恵比寿での勤務に戻ることになり、変化したこと・今も変わらずに残っているもの、それぞれを感じながら日々業務にあたっていますが、今日は変わらずに伝統として残っていたスタッフ誕生日のお祝い儀式について少しご紹介を。

2009年に私がほんの出来心から始めてしまったそのお祝い儀式とは、『顔面ケーキ』です。
ロウソクの火を消した後にケーキに噛り付く、その時にスタッフの補助でケーキは口だけでなく、顔全体でおいしく頂くようになります。

先日、サブマネージャー平井が誕生日でした。スタッフで話し合って今回は生クリーム最大量。

写真:
画像(1)

いつもはおいしく頂けるケーキを購入ですが、生クリームを際立たせる為に薄く焼いたホットケーキの上に大量の生クリームをのせて・・・・・。

写真:
画像(2)

平井がどのような姿になったかは皆さんのご想像にお任せします。

写真:
画像(3)


(小菅)
写真: 写真: 写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。