効果的な前屈の深め方

店舗日誌2020年11月1日

こんにちは。
今日は効果的な前屈の深め方のご紹介をさせて頂きます。

前屈は、股関節を前に倒しながら、もも裏の柔軟性を高める動きです。
角度によっては、腹筋などを使うこともありますが、まずは一番スタンダードな方法をやってみて下さいね!

壁から一足分前に立ち、真っ直ぐな背中を保ちながら、股関節を前に倒していきます。
お尻が壁に着いたら、力の方向性は壁ではなく、天井方向に向けます。
尻尾を天井に向けるイメージです。
最初、手を床に着けることが難しければ、膝を曲げていてもOK!
ヨガブロックがある場合は、ブロックを使うのも良いですね。

写真:
画像(1)

難しければ、股関節に指を置いて、前屈に伴いその指を挟んでいくようなイメージで身体を倒してみて下さい。

ヨガだと、パスチモッターナアーサナやアドムカシュヴァーサナなどが前屈のポーズですね。
無理なく、心地良くもも裏を伸ばすことで、猫背や肩こり解消などの繋がっていきます。

是非チャレンジしてください。


(酒井)
写真:

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。