ノルマから趣味へ。そしてこだわり

店舗日誌2020年10月27日

皆さんは本を読まれますか?
私はほとんど読まない人間でした。読書感想文も嫌いでした。本を読むくらいなら外出、完全なアウトドア派でした。でも国語の成績は昔から抜群でした。(ただの自慢です)

一昨年の夏に「月に1冊、何でも良いから本を読む」と決心したことを今でも覚えています。最初は「月に1冊」という、いわばノルマのようなかたちでスタートした“読む行為”でしたが、あれから早2年。気づけば“楽しみのひとつ”に変わっていました。
今でも休みがあれば外出したいという完全なアウトドア派に変わりはありませんが(ブログでは何度も1人旅日記を書かせていただきました)、時間を見つけては読書をしています。おそらく言葉のボギャブラリーはかなり増えたのではないかと・・・。

そして私は本を買う時に1つだけこだわりがあります。
それは文庫本ではなくてハードカバーの本を買うことです。
本によって違うのかもしれませんが、ハードカバーが発売された後に文庫本になって書店に並ぶケースがほとんどです。私の観点からすると、どうしても2番煎じなんです。
あとはハードカバーの方が読んだ感もあるのかな、と。
最近話題になった『1Q84』も先日読み終わりました。

そして今、読んでいるのは『筋肉学入門』。小説・経済書・エッセイなど書店に並んでいるものなら何でも読みます。そのほとんどがハードカバーです。

同じようにトレーニングにもこだわりがあります。
それは『集中して短時間で終わらせること』。
長時間ダラダラやるくらいなら本でも読んだ方が身になりますから!


(小菅)

画像(1):話題になった『1Q84』
画像(2):1人で休憩の時は本も読みます
画像(3):短時間で集中トレーニング
※画像撮影者/小菅
写真:話題になった『1Q84』 写真:1人で休憩の時は本も読みます 写真:短時間で集中トレーニング

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。