お参りをする時は

店舗日誌2019年10月16日

もう12月も後半ですね。
クリスマスを越えると一気に年末ムード、そしてお正月。
日本のこの数日間の雰囲気の移り変わりの早さは面白いなあと毎回感じます。

みなさんは、初詣に行く予定はございますか?
私は数年前、友人と初詣に言った際に、ある大切なことを教わりました。

初詣に行ってお参りをする際、神様にお願い事や今年の抱負を語る前に、しなければならないことがあるのだそうです。
さて、それは一体何でしょうか?

答えは、「神様に自分の名前と住所をお伝えすること」です。
理由は、神様が願いを叶える相手を間違えないようにするため、とのことらしいです。

この時、一緒にいた友人達が帰国子女であったため、
「東京都の前に『日本』から言った方が良いのかな?」
「日本語で良いのかな?」
等々、この人達ならではのグローバルな疑問がいくつか出ましたが、結局、
「『日本』から言って、英語と日本語と両方で言っておけば大丈夫じゃない?相手は神様なのだから、概念でわかるよ、きっと。」
という結論に達しました。
まさに、大は小を兼ねる。(私は日本語でやりましたが。)

そのあとはおみくじをひき、普通のおみくじと名前みくじ、恋愛みくじの計3種類を試した記憶があります。名前みくじは、来年ひいても再来年ひいても運勢が同じであろう…と思いながらも、ついつい買ってしまいました。

来年はどこの神社に行こうか、今から考えています。
本当は、人生は自分次第なのですが、お参りに行ってお正月気分を味わうのが楽しいのです。

是非来年、初詣に行かれる方は、神様へご自身の名前と住所をお伝えするのを忘れずに実行してくださいね!
皆様にとって来年が、今年と同様、もしくはそれ以上に、素晴らしい一年になりますように。


(伊藤)

画像(1):本の内容
※画像撮影者/伊藤
写真:本の内容

拍手×

この記事を見てが拍手してくれています。

このブログ記事がいいなと思ったら、拍手ボタンを押してください。